突然のアカウント停止!?Amazonの詐欺メールが来た件

突然の宣告

ある日突然、なんの前触れもなく襲ってくるのがトラブルってやつなのですが、最近はそうした事件のなかでもオンラインショップとかKYC(本人認証)が必須のサービスなどから怪しげなメールをいただくことが増えてきました。

なかでも今回ご紹介するのは表題の通り。

初見でおもいっきりビビらせてくるあたり本当に心臓に悪いです(騙されたらお財布にも悪いんですが)。

突然のメール、差出人は「Amazon」

なんですとぉぉぉう!!!?

なんて反応してしまうのは当たり前の話だと思うんです。

もっともらしい理由で「ロックしたから確認してくれ」なんて言われたら、昨今では希少になりつつあるネット事情にさほど強くない人が見れば、即時にAmazonにアクセス&チェックしてしまうところです。

ご丁寧に「確認用アカウント」なんてボタンが……ん?

なんか日本語が変じゃないか?

そのままメールのリンクを踏んではイケナイ

絶対にやってはいけないことから先に言いましょう。それは、「届いたメールのリンクをクリックすること」です。ダメ絶対。

どんなメールでも出来るだけそうして欲しい世の中なのが悲しい事実ではありますが、特にこういう「危険」とか「危ない」とか「もうだめだあ!」といった書き方で喚起を促すメールのリンクには本当に注意しましょう。

昔、ありませんでしたか?「当選しました」メールとか。

ああいった美味い話もそうですが、危機感を煽る話にも落とし穴があるので、一旦メーラーを停止して専用アプリかブラウザから直接ログインし、異常がないか確認する習慣を付けましょう。

まるで気にせずにリンクをクリックしてログイン情報まで入力しておきながら、「知らないうちにアカウントが乗っ取られた」とか「大量の請求がきた」とかって話にならないように注意してください。

差出人のアドレスを確認しよう

画像は送られてきたメールアドレスの詳細(フルパス)です。メーラーによって確認する方法はまちまちですが、こうやってみてみると可笑しな点がいくつか分かりますね。

Amazonから送られてくるメールは基本的に「~~~@amazon.co.jp」からです。決して「anamagazine@121.ana.co.jp」などという怪しさ120%のアドレスから送られてきません。

この業者はひそかにGoogleのメールサーバーを使ってました。※普通の企業は自社のドメインから送ってくるのでこのあたりもアリエナイ。

この時点で詐欺確定です。

お疲れ様でした。

確認用チェックリストで怪しいメールを看破しよう

いきなりドッキリさせられるメールが来たときのために、確認すべき項目をチェックリストにしておきます。
誤って公式のメールを見落とさないようにしましょう。

□ 日本語に違和感がないか
□ 表記されている内容に間違いはないか
□ 送り主のアドレスは普段送られてくるアドレスと同じか
□ 警告を受けたサービスにログインできるか
□ またその場合ログイン時のアナウンスはあるか

それでも判別できない場合は、該当のサービスに直接問い合わせてみるのも良いでしょう。(そこまで調べて分からないのであれば本当の警告メールである可能性が高いですが……)

余談

……apple

お前もか。

※もちろん偽物です。これもGoogleメール……( ^ω^)

【CM】フィッシング詐欺にも100%+αの信頼「G DATA インターネットセキュリティ」

GOSH

【五所川原銭夫(Gosh)】  【経 歴】暗号通貨ビットゼニーを愛するゲーマー。新しい物面白そうな物を体当たりで試そうとしては、恐妻にシバかれるまでが日常。  【Twitter】五所川原銭夫💤ZNY+(@stak999)さん | Twitter  【欲しい】◇支援物資を送る◆

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。