【超簡単】Windowsでゲームプレイ動画を作ってみよう

YouTubeとかゲームのプレイ配信をしてみたいけど、どうやったらいいのか? って話をしますよ。

とはいってもそんなに小難しい話でもないので、さくっと説明していきたいと思います。

録画方法

Windows10には標準搭載されているんですが、録画機能があります。

それを使ってしまえば録画自体はそんなに難しくありません。

まずは録画したいゲームを開いた状態で、【Windowsキー】と【G】を押下して録画パネルを呼び出します。

あとは中央にある●で録画を開始して、ゲームをするだけでプレイ動画が撮影できます。

各種音量の調整


ただ、このままだと自分の声の大きさだとかゲーム音量のバランスが全然よくない(うるさすぎるとか、声がゲームの音に埋もれちゃうとか)ので、ゲーム自体のサウンドバランスや設定から音量を変更したり、パソコンのマイク音設定から入力を調整します。

ゲームの音量設定は遊んでいるゲームのマニュアルから探してもらうとして、Windows側のマイク設定はスタートランチャーメニューの【設定】から行います。

システムを選択

クリックで拡大

保存先を設定する


デフォルトの設定では保存先がCドライブになっているので、SSDだとかOS専用に切り分けて使っていたりと容量が心もとない場合は、保存先のフォルダを変更しましょう。

デフォルトフォルダを特定

Windows + ALT + PRTSCRキー でスクリーンショットを撮ると、右下にログが表示されるので通知をクリックします。

すると撮影した日付でファイル名が出てくるので、それをクリックすると、下図のような画面が現れます。

出てきた画面右下「フォルダーを開く」で保管フォルダが現れます。

フォルダを移動する

開かれたフォルダーの「ディレクトリ(パンくずリスト」を確認して、一つ上の階層に移動したら、図のようにフォルダーそのものを自分の希望のドライブに移動しよう。

任意の場所(フォルダ)を選択し終えたら移動完了です。

あとは好きなだけ動画を撮影しよう。

ちなみにこのツール(Xboxランチャー)は「Mixer」っていうライブ配信系サービスと提携しているので、そのまま生配信させることも可能です。

便利な時代になったなあ!

余談

マイクはそれなりに良いのを使った方がいいです。音が……回ります。highが強いしattackも高いしノイズもすごいので。

ノーパソとかの内臓カメラも悲しいくらいに画質が悪いので、どうせならiPhoneとかのスマホを外部カメラ化して使うか、おとなしくWebカメラなどを買いましょう。(もしくは顔を撮らない)

おすすめツール

音質もこの価格帯では最高クラスで、ノイズも入りにくくて指向性。
ノイズはかんたんなキャップを自作したらより効果がえられる。
(ガーゼなんかを巻いてテープでとめる感じ)
少し遠くから狙うのがよい。
ちなみに、品薄だけど同じメーカーでK670の方が高性能でコスパ良い。品薄なのでなかなかお目に掛かれないけど。

自撮り込みでミラーレスとかを使うほど本気でないならこのタイプ。これならマイクも不要(内臓してる)。
ただし過度の期待は禁物。


動画の編集は便利な物、多機能なものといろいろありますが、安くて最低限の機能が利用できるアプリとしてはこのあたりが入門用かと。使用感は以下

ゲームプレイ動画をなるべく簡単に低コストで編集する(GOM編) | GoshBox

NCHのソフトウェア群も優秀。

ゲームプレイ動画をなるべく簡単に低コストで編集する(VideoPad編) | GoshBox

もっとちゃんとしたものが欲しいなら、せめてこのクラスは欲しい。
理想はAdobe(いわずもがな)

Adobe CC Creative Cloud 12か月版【Mac/Windows】【学割あり】
created by Rinker

AdobeのPremiere Proを使うなら公式のマニュアルが非常に分かりやすいので、ここでしっかり勉強しよう。

Premiere Proでの編集テクニックの基本 | Adobe Premiere Pro CCチュートリアル

GOSH

【五所川原銭夫(Gosh)】  【経 歴】暗号通貨ビットゼニーを愛するゲーマー。新しい物面白そうな物を体当たりで試そうとしては、恐妻にシバかれるまでが日常。  【Twitter】五所川原銭夫💤ZNY+(@stak999)さん | Twitter  【欲しい】◇支援物資を送る◆

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。