動画編集でCドライブ残量が激減したので対処した話

SSDの価格が日毎割安になってますね。嬉しいことですがそんなに簡単にポンポン買い替えられない(技術的に)Cドライブは、うまく管理してあげないとあっさり容量不足になりますよね(遠い目

先日、僕のPCも容量不足の悲鳴を警告してきたので驚きました。
なぜ驚いたかというと、ほとんどのファイルはDドライブで動作させるようにしていたので、原因がパッと思いつかなかったんですよね。

なのでこの機会にCドライブをちょっと整理しようと思い至ったわけです。システムが入っているドライブを軽くしておくと動作も軽快ですからね。

ファイルごとの容量をソートする

原因を切り分けるためには、どのフォルダにどれだけデータに偏りがあるのかを知る必要があります。でもエクスプローラー画面では表示を切り替えてもフォルダそれぞれのファイルサイズはキャッシュメモリの関係で表示されません。

※下部枠内ファイルはスリープ機能を使わないのであれば、機能を停止すれば削除される。
 使わないのであれば、「電源とスリープ」からスリープ機能を停止しよう。

フォルダ単位でサイズをソートしてみる

フリーソフトでフォルダごとのサイズを可視化できるものが沢山あるので、好きな物、使いやすそうな物を選べばOKです。

例:フォルダ サイズ 一覧 – Google 検索

ちなみに僕はFileSumを使いました。
使ってみた感じが以下。

休止用のファイル群は「Files」でまとめられているので、実際に見るべきは【Windows】以下のフォルダ。このなかで直接触らないと削れないファイルを抱えているのは【Users】です。
しかしなんでもかんでも消してよいわけではありません。

そのまま自分のアカウントを確認すると、僕の場合は【AppData】が大きく容量を使用していました。
人によっては全く別の部分(例えばMusicだったりOneDriveだったり)が肥大化していると思いますので、そちらの整理で事足りると思います。

動画編集で肥大化するフォルダ

【AppData】フォルダは基本設定が非表示なので、ウインドウの「表示」タブから「隠しファイル」にチェック☑を入れて表示させます。

AppData > Rorming > Adobe > PremiaPro 内にある【Cache】ファイルに、これまで作成した動画のキャッシュデータがてんこ盛りになっていました。

これがストレージを圧迫していた、と

しょせんはキャッシュなので一も二もなく削除しまして、無事容量が確保できました。(だいたい20GBくらい)

動画編集には余裕あるストレージを

冒頭でも述べましたがSSDなどのストレージがとても安くなっているので、引っ越し手段さえ確保できるなら機を見て購入したいと思ってます。
あまたのストレージメーカーの中から、何を選ぶべきなのかっていうのも大事ですし。保存用のストレージもあった方がいいかな?とも思うので外付け云々も欲しい。

なによりキャッシュが貯まるのはともかく、その処理をこまめにしないと……っていうのは面倒ですから(笑)

とりあえずこのあたりでSSDは選んでみようと思います。

☑GoshBoxチョイスのSSD

外付けに関してはまた後日。(多分裸族シリーズになると思われる)

そもそもフォルダを変更してしまおう

PremiereProのキャッシュフォルダを変更しておくとこうした事態も対処しやすくなる。

設定は「環境設定」から行えるので、タブ項目の「編集」から設定しておこう。

バージョンにもよるが、「メディア」の設定項目にキャッシュベースなどのフォルダを指定できる項目がある。あとはフォルダを指定してあげるだけでOK。

やっておいて損はないかも。

GOSH

【五所川原銭夫(Gosh)】  【経 歴】暗号通貨ビットゼニーを愛するゲーマー。新しい物面白そうな物を体当たりで試そうとしては、恐妻にシバかれるまでが日常。  【Twitter】五所川原銭夫💤ZNY+(@stak999)さん | Twitter  【欲しい】◇支援物資を送る◆

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。