Fire TV Stickのリモコンが急に動かなくなった

リモコン

ある日突然Fire TV Stickのリモコンがまったく動かなくなったときのための対処法。

状況別に対処法がことなりますので症状に合わせて対応をお試しください。

最悪でも1年保証があるので、交換対応をサポートまで確認できます。

症例:電源、ボリュームなど一部だけ反応する

対策1.本体の再起動

再起動コマンドでの再起動が行えないので、コンセントから直接電源を抜いて対応します。

抜いた後はすぐに差し込まず、20秒ほど放電してから差し直します。

再起動中はなるべくリモコンと本体(スティック部分)を近づけて、Bluetoothを検出しやすくします。

対策2.アプリから再検出

Amazon にはFire TV をWi-Fi経由で操作できるリモコンアプリがあります。

スマートフォンのWi-FiをONにし、アプリをインストールしたら起動後に接続してみましょう。

FireTVスティックのリモコンアプリを徹底解説 | GoshBox

Fire TV アプリのトラブル対策はこちら

Fire TVアプリに起きやすいトラブルとその対策 | GoshBox

リモコンアプリで操作できるようになったら、

「ホーム」>>「設定」>>「コントローラーとBluetooth」>>「Amazon Fire TV リモコン」>>「新しいリモコンを追加」

上記項目から使えなくなったリモコンのホームボタンを画面の表示に従って長押しし、検出されたらリモコンアプリの方で決定し接続させます。

検出できない場合は次のリモコンのリセット後に、対策1および2を改めて試してください。

対策3.リモコンのリセット

図のボタンを同時に10秒以上押します。とくに変化はありませんが、押下後に電源やボリュームボタンを押しても動作しなくなっていることでリセットの成功が確認できます。

まだ動くようならもう一度しっかりとボタンを押して実施します。

リセットがおわったら、背面の電池を一度抜き取り、放電に5-8秒ほど放置してから再挿入します。

上記手順をすべて操作しても解決しない場合は、カスタマーサービスまで確認し、再購入もしくは保険対応を依頼しましょう。

症例:まったく動作しない

対策1.電池を交換する

背面カバーを開いて電池をあたらしいものに変更します。

カバーが開きにくい場合はかるく振動を与えるとひらくことがあります。

新しい電池はアルカリ電池を用意してください。

交換後に電源ボタンや音量ボタンが操作できるようになっていれば、上項に戻って対策を行います。

症例:電源、ボリュームなど一部だけ反応する

操作できない場合はリモコンをリセットします。

こちらも上項を参照し、対応してください。

画面が映っていない

この状態はリモコンの問題ではなくFire TV Stick本体の問題になります。こちらのリンクから対策をお試しください。

Fire TVの画面が映らない、音が出ないときの対処法 | GoshBox

購入後最大30日まで後付け可能な延長保証は、事故補償もついています。

最悪、30日以内に故障したら後付けで購入して関連付けをしてから交換手続きをお願いするという裏技も使えます。(極悪)

修理サービスの無いAmazon端末にとって、加入しない選択肢はない保証といえます。

Prime

Prime会員ならプライムビデオが毎日見放題!
AmazonMusicが200万曲聞き放題!!
Kindle電子書籍(PrimeReading)が読み放題!!!

GOSH

【五所川原銭夫(Gosh)】  【経 歴】暗号通貨ビットゼニーを愛するゲーマー。新しい物面白そうな物を体当たりで試そうとしては、恐妻にシバかれるまでが日常。  【Twitter】五所川原銭夫?ZNY+(@stak999)さん | Twitter  【欲しい】◇支援物資を送る◆

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。