[BAND] AIR SWELL(エアー スウェル)

とりあえず音を聞けばわかる。としか言えないくらいに圧倒的に音が魅力的なバンド。

歌詞の内容は好悪が分かれるし、大体がヘイトなのでとてもパンクだが、サウンドはかなりの骨太エモーショナルサウンドなので聞いていてとても複雑な気分になる。

異常にカッコイイ音で汚濁をまき散らす異色のバンドのイメージが最近は先行しているが、素直でストレートな楽曲も多数リリースしているので、彼らのいろんな面をしっかりと聞きこんでほしい。

絶対に聞いておきたい「 AIR SWELL(エアー スウェル)」の圧倒的な楽曲たち

ゆったりとしたスローテンポから繰り出される、魂に響く圧倒的な重厚サウンドが痺れる「chill」。とてもスリーピースバンドとは思えないハード&ストレートで骨太なロックサウンドとスイングするリズムが心地よい独特な編曲が、彼らのバックボーンの深さを如実に表している。

激しいアップテンポなリリックから始まるダンスナンバー。ポップでエレガントささえ感じさせる流れる様なメロディアスラインからの展開は圧巻の一言に尽きる。ひとつひとつの音を拾えば拾っていくほど、幾重にも重ねられた濃密なサウンドの構成に驚かされる。

YouTubeのオフィシヤルチャンネルはこちら

AIR SWELL(エアー スウェル)ってどんなバンド?

四国で結成されて現在は東京をベースに活動を続けている3ピースバンド。公式HPは現在閉鎖中。Spotify、GooglePlay、 AIR SWELL | ジャパンミュージックシステム などで楽曲の視聴が可能。
全国でライブを中心に活動している。

メンバー構成

Vocal&Guitar&Composer:
ハマケン

Base:
Hiromitsu

Drums:
Yudai

旧Base:
Taisuke

※(リンクはTwitter)

所属

INNOVATOR RECORDS

来歴

西暦出来事
2006年四国にて結成。
2010年自主制作CD「your fairytale is neverending」「ツナガルキズナ」をリリース
2012年アルバム「RIMFIRE」をリリース
2013年ミニアルバム 「THE ART OF PSYCHO」をリリース
スプリットアルバムプロジェクト「BONEDS」に楽曲を2曲提供する。
その後4バンドによる9都市のツアーに参加し、成功を収める。
2014年SiMと共に Skindred のオープニングアクトを務める。
ミニアルバム「All Lead Tracks」をリリース、オリコンで最高51位を獲得。
2014年Baの Taisuke が脱退を発表。
「バンドに対して100%の答えを返せなくなった」
として理由を述べています。
サポートメンバーとして活動していた Hiromitsu が正式加入。
2015年「MY CYLINGERs」をリリース。オリコン57位を獲得。
2016年熊本地震をうけて、「ツナガルキズナ-アンプラグドミックス」をリリース
2017年アルバム「SIX KILLS」をリリース。

DISCOGRAPHY

  • RIMFIRE(2012-)
  • THE ART OF PSYCHO(2013-)
  • All Lead Tracks(2014-)
  • MY CYLINGERs(2015-)
  • SIX KILLS(2017-)

LINKs

公式Twitter

公式Facebook

GOSH

【五所川原銭夫(Gosh)】  【経 歴】暗号通貨ビットゼニーを愛するゲーマー。新しい物面白そうな物を体当たりで試そうとしては、恐妻にシバかれるまでが日常。  【Twitter】五所川原銭夫💤ZNY+(@stak999)さん | Twitter  【欲しい】◇支援物資を送る◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。